イチオシ美術館

各地の公立美術館にみるイチオシ作品をセレクトしました。

出典:名古屋市美術館図録

荻須高徳

「洗濯場」

荻須高徳は、愛知県稲沢市生まれ。
生涯の半世紀をパリで暮らす。
パリの街角を描きつづけ、彼が敬愛した佐伯祐三、ユトリロとの画風とは多少異なり、
あくまでも描く街そのものを描き出そうとする荻須は
街に寄り添い、深い敬愛を込めた画風がパリの街のその上品さを伝えてくれる。








名古屋市美術館

出典:名古屋市美術館図録

三岸節子 名古屋市美術館

1979年「雷がくる」

三岸節子は、愛知県尾西市生まれ。
1968年に南仏カーニュ、1974年にブルゴーニュのヴェロンに移る。
そこでの風景画、白い壁と赤い屋根の家々が立ち並ぶ南仏の丘を描いた。







三岸節子

出典:名古屋市美術館図録

中村正義

1963年「男女」

中村正義は、愛知県豊橋市生まれ。
1961年日展を脱退した後1963年に個展「男と女」開催。
従来の日本画の枠を超えた、アクリルで原色を駆使した作品。強く直接の叫びが伝わり強烈な印象を受ける。





名古屋市美術館

出典:岐阜県美術館図録

村井正誠

「居ならぶ人々」

村井正誠は、仏でマチス、モンドリアンなど西洋画家の歴史や伝統に触れ、幾何学的な抽象作品を発表し続けた。



岐阜県美術館

出典:岐阜県美術館図録

熊谷守一

「朝のはぢまり」

熊谷守一の1969年の作品。日の光に自信の生死観を表したものといわれている。


岐阜県美術館

出典:岐阜県美術館図録

熊谷守一

「ヤキバノカエリ」

熊谷守一は、恵那郡中津川市生まれ、岐阜育ち。
独特の画風は60歳を迎えた頃からで、長く本質を見極めることに全身を傾けていたといわれる。
よってその画風は単純簡素でありながら、本質のみが持ちうる豊かさに満ちている。


岐阜県美術館

出典:愛知県美術館図録

鬼頭鍋三郎

「マドモアゼルM」

鬼頭鍋三郎は、愛知県千種町生まれ。
岡田三郎助と辻永に師事。コローの作風に惹かれこの作品も彼女の持つ強い意思が伝わってくる。

愛知県美術館

出典:長野県立美術館図録

菱田春草

「羅浮仙」

菱田春草は、長野県飯田市の出身です。

長野県立美術館

出典:新潟県立近代美術館図録

小林古径

「飛鴨」

小林古径は、新潟県上越の出身です。

新潟県立近代美術館

出典:長野県立美術館図録

松井康成

練上玻璃光大壺「輪廻転生」

松井康成は、長野県佐久市の出身です。

長野県立美術館

出典:新潟県立近代美術館図録

土田麦僊

「清暑」

土田麦僊は、新潟県佐渡の出身です。

新潟県立近代美術館

出典:新潟県立近代美術館図録

横山 操

「高速4号線」

横山操は、新潟県燕市の出身です。

新潟県立近代美術館

出典:新潟県立近代美術館図録

佐藤哲三

「郵便脚夫宮下君」

佐藤哲三は、新潟県長岡市出身です。

新潟県立近代美術館

出典:群馬県立近代美術館図録

鶴岡政男

「夜の群像」

鶴岡政男は、群馬県高崎市の生まれです。

群馬県立近代美術館

出典:山形美術館図録

土田文雄

「画室」

土田文雄は、山形県米沢市出身です。

山形美術館

出典:山梨県立美術館図録

名取春仙

「二世中村鴈治郎、紙屋治兵衛」

名取春仙は、山梨県南アルプス市生まれです。

山梨県立美術館

出典:群馬県立近代美術館図録

福沢一郎

「敗戦群像」

福沢一郎は、群馬県富岡市出身です。
福沢は、日本にシュルレアリスムを紹介した第一人者と言われています。

群馬県立近代美術館

出典:群馬県立近代美術館図録

高橋常雄

「故山春雪」

高橋常雄は、群馬県前橋市出身です。

群馬県立近代美術館

出典:群馬県立近代美術館図録

大澤雅休

「黒岳黒谿」

大澤雅休は、群馬県高崎市の出身です。

群馬県立近代美術館

出典:宮城県立美術館図録

宮城輝夫

「陣営」

宮城輝夫は、宮城四郎の弟で宮城県白石市出身です。

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

宮城輝夫

「踊り子」

宮城輝夫は、宮城四郎の弟で宮城県白石市出身です。

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

宮城四郎

「風景」

宮城四郎は、宮城県白石市出身の作家です。

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

松本竣介

「婦人像」

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

吉井 忠

「女」

吉井 忠は、福島県陣場町出身の作家です。

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

阿部金剛

「リアンA」

阿部金剛は、岩手県盛岡市出身の作家です。

宮城県立美術館

出典:宮城県立美術館図録

広幡 憲

「39×Q E」

広幡 憲は、秋田県仙北郡中仙町(現:大仙市)出身の作家です。

宮城県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

船越桂

「冬の会話」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

船越保武

「ダミアン神父」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

船越保武

「原の城」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

千葉 勝

「シエナ」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

熊谷登久平

「霜の朝」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

佐々木 精治郎

「裸婦」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

松本竣介

「Y市の橋」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

松本竣介

「黒い花」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館図録

松本竣介

「序説」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館

萬鐡五郎

「男」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館

萬鐡五郎

「海浜」

岩手県立美術館

出典:岩手県立美術館

萬鐡五郎

「赤い目の自画像」

岩手県立美術館

出典:宇都宮美術館図録

サンドロ・キア

「ハートをいだく片翼の天使」

サンドロ・キアは、イタリア・フィレンツェ出身の彫刻家。

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

バリー・フラナガン

「ホスピタリティ」

バリー・フラナガンは、イギリスのノース・ウェールズ出身の彫刻家。

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館

クレス・オルデンバーグ

「中身に支えられたチューブ」

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

アルフォンス・マリア・ミュシャ

「ジョブ」

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

アンリ・マティス

「ダンス」

宇都宮美術館

出典:茨城県近代美術館図録

小川芋銭

「水魅戯」

小川芋銭は、牛久市で幼少期を過ごしました。

茨城県近代美術館

出典:茨城県近代美術館図録

小川芋銭

「祭魚」

茨城県近代美術館

出典:茨城県近代美術館図録

横山大観

「流燈」

横山大観は、茨城県水戸市生まれです。

茨城県近代美術館

出典:茨城県近代美術館図録

中村彜

「静物」

中村彜は、茨城県水戸市生まれです。

茨城県近代美術館

出典:茨城県近代美術館図録

小堀進

「虹」

小堀進は、茨城県潮来市生まれです。

茨城県近代美術館

出典:茨城県近代美術館図録

靉嘔

「虹」

靉嘔は、茨城県行方市生まれの美術家です。

茨城県近代美術館

出典:宇都宮美術館図録

岩崎鐸

「壁の中の天使達」

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

マルク・シャガール

「静物」

宇都宮美術館では、シャガールの所蔵も観ることが出来ます。

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

パウル・クレー

「都市の境界」

宇都宮美術館には、パウル・クレーのコレクションもあります。

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

ワシリー・カンディンスキー

「横切る赤」

宇都宮美術館

出典:宇都宮美術館図録

ラウル・デュフィ

「ピエール・ガイスマール氏の肖像」

宇都宮美術館