今月のイチオシ

日本にはまだ数多くの本物があり、世界中の人に知ってもらいたいと地方の公立美術館コレクションをあげました。 ぜひ現地へ行って、本物との時間を過ごしてみてください。

出典:「宮崎県立美術館図録」

瑛九

「月」1957年

瑛九(1911−1960)は、宮崎市生まれ。
本名は杉田秀夫。1925年に日本美術学校に入学。1936年フォトデザイン集「眠りの理由」で瑛九の名で発表。
翌年、自由美術家協会の設立に参加。1946年、自由と独立の精神で制作する。デモクラート美術家協会を設立。
その後、油彩画を点描の抽象画へと移行する。






宮崎県立美術館

出典:「宮崎県立美術館図録」

瑛九

「寵目の青」1957年

瑛九(1911−1960)は、宮崎市生まれ。
本名は杉田秀夫。1925年に日本美術学校に入学。1936年フォトデザイン集「眠りの理由」で瑛九の名で発表。
翌年、自由美術家協会の設立に参加。1946年、自由と独立の精神で制作する。デモクラート美術家協会を設立。
その後、油彩画を点描の抽象画へと移行する。






宮崎県立美術館

出典:「宮崎県立美術館図録」

瑛九

「田園」1959年

瑛九(1911−1960)は、宮崎市生まれ。
本名は杉田秀夫。1925年に日本美術学校に入学。1936年フォトデザイン集「眠りの理由」で瑛九の名で発表。
翌年、自由美術家協会の設立に参加。1946年、自由と独立の精神で制作する。デモクラート美術家協会を設立。
その後、油彩画を点描の抽象画へと移行する。






宮崎県立美術館

出典:「宮崎県立美術館図録」

瑛九

「Visitors to a Ballet Performance」1950年

瑛九(1911−1960)は、宮崎市生まれ。
本名は杉田秀夫。1925年に日本美術学校に入学。1936年フォトデザイン集「眠りの理由」で瑛九の名で発表。
翌年、自由美術家協会の設立に参加。1946年、自由と独立の精神で制作する。デモクラート美術家協会を設立。
その後、油彩画を点描の抽象画へと移行する。






宮崎県立美術館