今月のイチオシ

日本にはまだ数多くの本物があり、世界中の人に知ってもらいたいと、地方の公立美術館コレクションをあげました。 洗練され、まやかしのない本物は、いつの時代においても人の心を捉えるものです。 ぜひ現地へ行って、本物との時間を過ごしてみてください。

出典:岐阜県美術館名作50選 2018年度版

熊谷守一

「ヤキバノカエリ」1956年

熊谷守一は、岐阜県中津川市生まれ、岐阜市で育つ。
独特の画風は60歳を迎えた頃からで、長く本質を見極めることに全身を傾けていたといわれる。
よってその画風は単純簡素でありながら、本質のみが持ちうる豊かさに満ちている。


岐阜県美術館

出典:岐阜県美術館名作50選 2005年度版

村井正誠

「居ならぶ人々」1969年

村井正誠は、岐阜県大垣市の生まれ。
ヨーロッパに滞在した時代にマチス、モンドリアンなど西洋画家の歴史や伝統に触れ、幾何学的な抽象作品を発表し続けた。



岐阜県美術館

出典:岐阜県美術館名作50選 2005年度版

前田青邨

「祝日」1942年

前田青邨(まえだせいそん)は、岐阜県中津川市生まれ。
安田靫彦、小林古径と共に日本美術院の第二世代を担う。高松塚古墳壁画模写、法隆寺金堂壁画復元模写を監修した。
「祝日(いわいび)」は、古画に着想を得ているが、画面構成や配色、絵具を滲ませる技法など現代的な作品となっている。



岐阜県美術館

出典:名古屋市美術館コレクション選

中村正義

「男女」1963年

中村正義は、愛知県豊橋市生まれ。
1961年日展を脱退、1963年に個展「男と女」を開催しそれに出品。
従来の日本画の枠を超えた、アクリルで原色を駆使した作品。強く直接の叫びが伝わり強烈な印象を受ける。





名古屋市美術館

出典:名古屋市美術館コレクション選

三岸節子

「雷がくる」1979年

三岸節子は、愛知県尾西市生まれ。
1968年に渡仏。南仏カーニュ、ブルゴーニュのヴェロンで過ごす。
この「雷がくる」は、白い壁と赤い屋根の家々が立ち並ぶ南仏の丘を描いた。
70歳を過ぎてからの作品とは思えないほどの若々しさ、荒々しさを感じる作品。







名古屋市美術館

出典:名古屋市美術館コレクション選

荻須高徳

「洗濯場」

荻須高徳(おぎすたかのり)は、愛知県稲沢市生まれ。
生涯の半世紀をパリで暮らす。パリの街角を描きつづけ、彼が敬愛した佐伯祐三やユトリロとも画風とは異なり、あくまでも街そのものを描き出そうとした。









名古屋市美術館