今月のイチオシ

日本にはまだ数多くの本物があり、世界中の人に知ってもらいたいと地方の公立美術館コレクションをあげました。 ぜひ現地へ行って、本物との時間を過ごしてみてください。

出典:「熊本県立美術館新ガイドブック」

坂本善三

「黒の構成」1976年

坂本善三(1911-1987)は、熊本県阿蘇郡小国町出身です。
敗戦の翌年から画業を再開、昭和22年に独立賞を受賞。
1957年に渡仏。自らは心象画と呼び、「日本的な抽象」とも言われる独特の抽象画を生み出した。


熊本県立美術館

出典:「熊本県立美術館新ガイドブック」

浜田知明

「ボタン(B)」1988年

浜田知明(1917−2018)は、熊本県御船町高木生まれ。
1934年に東京美術学校に入学。藤島武二に油彩画を学ぶ。
過酷な軍隊生活後、49年自由美術家協会に加わり、サンパウロ国際美術展などに出品するなど国際的な活躍をおこなった。






熊本県立美術館

出典:「熊本県立美術館新ガイドブック」

大塚耕二

「トリリート」1937年

大塚耕二(1914-1945)は、熊本県菊池出身です。
昭和9年に帝国美術学校に進学、友人たちと結成したグループ「表現」の展覧会において自作発表。高い評価を得る。活躍が期待された大塚だが、卒業後まもなく徴兵され、フィリピンで戦死。






熊本県立美術館