今月のイチオシ

日本にはまだ数多くの本物があり、世界中の人に知ってもらいたいと地方の公立美術館コレクションをあげました。 ぜひ現地へ行って、本物との時間を過ごしてみてください。

出典:「鹿児島県立美術館図録」

有馬さとえ

「むすめ」1939年

有馬さとえ(1893−1978)は、鹿児島市生まれ。
三宅克己の水彩画から、洋画家になる事を決意。1911年に上京し、岡田三郎助に師事。
14年第8回文展に入選、26年第7回帝展で女性初の特選受賞。





鹿児島県立美術館

出典:「鹿児島県立美術館図録」

海老原喜之助

「自画像」1922年

海老原喜之助(1904−1970)は、鹿児島市住吉町に生まれる。
1923年に渡仏し、藤田嗣治の教えを受ける。27年サロン・ド・レスカリエに出品。
35年独立美術協会会員、59年日本国際美術展で最優秀賞受賞。
64年芸術選奨文部大臣賞受賞、67年渡仏。




鹿児島県立美術館

出典:「鹿児島県立美術館図録」

東郷青児

「ギターを持つ女」1929年

東郷青児は、鹿児島市生まれ。青山学院中等部に進学。
1916年に「パラソルさせる女」が二科賞受賞。21年に渡仏。28年帰国し、二科展に滞欧作品23点を特別展示。
60年日本芸術院会員、61年二科会会長。





鹿児島県立美術館

出典:「鹿児島県立美術館図録」

藤島武二

「鉸剪眉」1927年

藤島武二(1867−1943)は、鹿児島市生まれ。
平山東岳に学び、1884年に上京。黒田清輝の知遇を得て、東京美術学校の指導者になる。
1905年に渡仏。フランスとイタリアで学ぶ。1937年に第一回文化勲章を受賞。






鹿児島県立美術館

出典:「鹿児島県立美術館図録」

藤島武二

「港の朝陽」1934年

藤島武二(1867−1943)は、鹿児島市生まれ。
平山東岳に学び、1884年に上京。黒田清輝の知遇を得て、東京美術学校の指導者になる。
1905年に渡仏。フランスとイタリアで学ぶ。1937年に第一回文化勲章を受賞。






鹿児島県立美術館